チャンスにはフルアクセルで!

チャンスにはフルアクセルで!

皆さんは、自分が成功するときのイメージをどのように捉えていますか?

成功する時というのは、毎日少しずつ努力した結果ゆっくりと実力が認められ、少しずつステージが上がっていくもの…。

このようなイメージを抱かれているかもしれませんが、現在のように高度に情報化された社会では、成功するときには、一気にステージを駆け上がることも可能なのです。

ブレイキングプロジェクト
公式HPはこちら

一点突破で億万長者になった人

アメリカのヤン・クームという人物は、初めてiPhoneが登場したとき、今後はスマホの時代がやってくると確信しました。

確信したと言っても、彼の中だけの話であり、本当にそうなるかどうか当時は分からなかったでしょう。

そこでクームは会社を辞めて、スマホ向けアプリの開発を行うために起業しました。

アプリ開発の期間中、彼には収入がなく、貯金を切り崩すだけの日々です。

それから数年かけて彼がリリースした、安い通信費でメッセージがやり取りできるアプリ「WhatsApp」は、口コミで次々と広まり、全世界で4億人のユーザーを抱えるに至りました。

その後、Facebook社がクームの会社を買収し、約2兆円を彼に支払ったのです。

一瞬のチャンスに人生を賭けれるか

今でこそスマホは誰もが持っている端末ですが、当時iPhoneの登場を見て「今がチャンス」と、飛び込むことができるでしょうか。

何事においても、クームのように情報に敏感で、自分の全てを賭けて夢中になれる人は強く、チャンスにフルアクセルで踏み込める勇気があるからこそ、一気に駆け上がることができたのです。

アメリカのことわざで「Take the Fortune by the forelook」(チャンスの神様は、前髪しかない)というのがあります。

チャンスが近づいた時には全力を賭けて掴み取る、過ぎ去ってからでは遅いのです。

情報のアンテナを持つ

もちろん、いつ人生を変えるチャンスがやってくるかは、誰にも予測不可能です。

毎日を本気で生きて、情報をキャッチするアンテナを張り巡らせておかないと、チャンスを見極めることができません。

だからこそ、日々考え続けて過ごさねばならないのです。

そしてチャンスを見つけたら、それに人生を託すくらいの覚悟で臨んでみてください。

このことを常に心がけていれば、必ずチャンスを掴み、大きな成功を手に入れることができるでしょう!

ブレイキングプロジェクトの権利を
参加して利用する
TOPページを見る